退院・帰宅

10月3日、4ヶ月お世話になった浜松市リハビリテーション病院を退院。聖路加国際病院と合わせると5ヶ月の入院でした。

牧師館には必要な個所に手すりが設置されており、杖を頼りに、日常生活が可能です。

倒れた直後、医師の診断は、麻痺は残り、一生車椅子、とのこと。そのことを思うと、予想をはるかに超えて回復しています。ありがたいことです。幸い言語は維持できており、ある医師が奇跡的なことですよ、と言ってくださいましたが感謝です。

4日は教会まで駐車場を通って往復。

6日は訪問看護の看護師さんのサポートでシャワーを。風呂場に一ヶ所手すりを設置する必要がありそうです。心配していた10センチの敷居はクリアーできました。

病院で指導していただいた自主トレの指示に従って自主リハビリもやっています。

パソコンとネット環境を整えるのが大変でした。パソコン、タブレット等々も5ヶ月間ほったらかしだったので、リハビリが必要のようです。やっと今日から普通に動くようになりました。ただし、まだMacのPCはセッティングが終わっていません。疲れました。今は、デスクトップPC、windowsタブレット、iPadとiPad Pro、androidタブレット2つが動きます。あとスマホですね。これでネットを利用しての仕事を再開できます。この投稿はベットに横になって、頭上にセッティングしたiPadProで入力しています。

教会ホームページ、その他のホームページ、ブログ等々の書き込みも徐々に本格的に再開します。

入院中に始めた聖書黙想の勧めもSwayを用いて続けるつもりです。その準備をしている時に気がついたのですが、福音書の中に「身体の不自由な人」の癒しの記事がマルコとマタイにあります。昔は中風の人と表記されていました。「麻痺」という意味ですね。「歩けない人」です。私と同病です。

それに気がつきました。他人事ではありません。次回の黙想はその記事を取り上げようと思います。

今日はここまでですが、入院中の忘れられない思い出を少しずつ書き込んでいこうと思っています。

3カ月

浜松市リハビリテーション病院に転院して明日で3カ月になる。入院も後1カ月とちよつとの予定。住宅環境を整え始めることになる。本が読めて、パソコンが打てて、プリントができればさいていげんであるが仕事が出来る。かな?

IQテスト

脳出血で左半身麻痺となって2か月と1週間、いまはリハビリ病院にお世話になっている。麻痺している左足にも少し力が入るようになり、装具を着けて杖で歩く練習中。少しずつでも良くなっている実感があり、励みとなっている。か、一つまいることが。

それがIQテスト。認知能力の低下がみられないか調べてくれているのである。非常に低下していると、いうことでは無さそうだが、少し低下しているのだろうという感じかしている、簡単なテストなのに疲れるし、間違いも多い。年齢相応と、言ってくれるがどうもスッキリしない。こちらのほうは、回復の見込みはあるのだろうか?

現実と向き合い、残された能力で神の栄光の為に、生きるように、と言うことなのだろう。

それにしても、IQテストは嫌だ。

桜の舞とステファノの言葉

今週、浜松は桜が満開でした。そろそろ散り始めているでしょうか。

桜吹雪と言いますが、たくさんの花びらが舞い散るようすはなんとも言えない風情というか、絢爛かつ儚いそんな美しさがあります。

水曜日はお近くに桜の木がたくさんあるH姉さん宅で聖書を読み祈る会を持ちました。聖書の学びは使徒言行録7章44,45節です。ステファノの演説で、語の彩りに圧倒されました。桜の舞という感じです。

ステファノは最初の殉教者になりました。

アラム語

イエス・キリストはアラム語を話していたと言われます。十字架上の言葉「わが神、わが神、なにゆえ私をお見捨てになったのですか」ですが、マタイ福音書の「エリ、エリ・・・」はヘブライ語で、マルコの「エロイ、エロイ、レマ、サバクタニ」はアラム語だと言われています。

いったいアラム語って何?と聞かれて、どのように答えて良いのかいつも戸惑うのですが、ハイム・ラビンが「ヘブライ語小史」の第3章『ヘブライ語の背景』の中で言及していますので、それを紹介します。

続きを読む

AndroidノートPCの良いところ

ここでノートPCと言っているのは専用キーボードが付属しており、液晶が10インチ以上のandroidoタブレットのことです。該当するのは一つしかありませんが・・。

所詮androidですから機能は限られています。しかし、用途はそれで足りるという人にはいろいろと良いところがあります。それを数え上げてみようということです。箇条書きします。

  • 起動が早い、待たせない。iPadPro並みです。
  • 動作がきびきび、気持ちがよい。最新のCPUを積んでいるwindowsPCにまけません。iPadPro以上です。
  • 軽量でバッテリーのもちが良い。
  • そして、安価である、数万円ですみます。

続きを読む

続きです・・「ヘブライ語小史」3章の紹介

ハイム・ラビン「ヘブライ語小史」の3章『ヘブライ語の背景』では、聖書のヘブライ語が一つの言語として形成されるに至った、その背景について論じています。ヘブル語の成り立ちですね。多くのページが割かれています。

「ヘブライ語の属している語族が非常に多く、また広範囲にわたるということが明らかになってきた。それはハム・セム語族とか、アフリカ・アジア語族、あるいはエルトゥラー語族など、ざまざまな仕方で呼ばれる。」

エリュトゥラー語族というのは聞き慣れない表現ですが、紅海に由来する言葉で、ちょうど紅海で区切られる広大な二つの地域・語族全般を言い表す表現のようです。

 

こう書き始めて、ヘブライ語と同じ祖語を持っていたり、影響を与え合ってきたであろう関連する語族は広範囲であると語り、

続きを読む

10年たつと?、と

東京神学大学の入学式に出席してきました。20数名の入学者だったかと思います。少し平均年齢が高いように思われました。

さて、久しぶりに母校に足を踏み入れて、なぜか思い出したことがあります。私が在学中のことですが、故北森嘉蔵教授と乗り合わせたBusの中で父が交わした会話です。

「先生、うちの息子は大丈夫でしょうか」
「・・・東京神学大学では・・・
卒業して10年たって実力が発揮される・・・そのような教育をしております。」

家に帰ってきた父は、可笑しかったのでしょう、笑いながら母に話しておりました。45年ほど前のことです。

さてさて、すでに、とっくに、ゆうに、10年は過ぎています・・・・

二年連続、開幕三連勝ですね

読売ジャイアンツです。

原監督の時代は開幕直後に苦労する年が多かったように記憶していますが、高橋由伸監督になって変身したのでしょうか。戦力が整っていないように見えるのですが、それでも開幕ダッシュです。

二軍も好成績で8連勝。オーダーを見たら、あれ?これ一軍じゃあないの、と見違えるほどでした。故障や出遅れで、二軍で調整中の選手が多いといことでしょう。

だとすれば、今年の巨人はすごい!期待して良い!ということなんでしょうね。うん。うん?

22世紀に向かう84歳

今日、22世紀の教会を展望して準備を進めなければいけませんね、と84歳のご老人にはっぱをかけられました。

思い出すのは教団21の立ち上げの時です。20年以上前のことです。高く厚い壁が立ちはだかっており、それを憂う者たちはというと、憂いを共有しながらも戦いは別々、いがみ合うという状況でした。

当時の若手、50歳以下の牧師たちの多くが、地方で伝道していましたが、その状況を打破したいと、高く厚い壁を目の前にしているとしても、祈りをあわせて協力し、21世紀の健やかな教団を考えて準備していこうと教団21を立ち上げたのでした。

続きを読む

採血

日頃お世話になっているT内科で採血していただきました。尿酸値をはかるためです。

私を採血する方はみな苦労されます。血管が厚い脂肪に覆われていてるからです。血管の所在を確かめるのが大変です。今日は先生自ら採血してくださったのですが、ココっと見定めて、見事に針を刺してくださいました。見事なものでした。

さすがです。ついつい「お上手です」と声が出てしまいました。

コメント

ある写真家の方が「徒然・・・・」といブログを開設しておられ、ずっと読ませていただいて来たのですが、デジタルカメラの今後の方向性ついて書いておられたことに共感し、ついついコメントに書き込んでしまいました。

専門家の方に、恐れ多いことでした。でも、有り難いことに、私のコメントにコメントをしてくださいました。嬉しい限りでした。

今週のトピック

二つです。

一つは、近くの幼稚園の卒園式で園児たちと一緒にお祈りをし、最後に祝祷をさせていただいたことです。ピンチヒッターですから、今回限りです。それだけに貴重な体験でした。

卒園式は立派で、卒園生も誇りを持ってがんばっていました。特別かもしれませんね。

二つは、病院の倫理委員会です。宿題となる課題もありましたが 、総じて健全で問題がありません。先日、その病院でMRIをとってもらいましたが、感じが良くて、すべてにおいて良い対応をしていただきました。個人情報なども厳密に守られていると感じたことでした。

そうそう、トピックというほどではないですが、確定申告を締切ギリギリでしました。広い会場で一時間少し待たされました。普通です。そして設置されている申告用のパソコンに必要事項を打ち込んで終わりです。

WBCで日本が準決勝に進んだのは、嬉しかったですね。

続きです

ノートパソコンとタブレットの話しです。続けてになります。

改めて、androidのタブレット、あるいは、ノートPCの使い良さに感心しています。一太郎にこだわるのをやめたので、携帯用のタブレットに選択肢が増えました。そこで、親しくなってきたのがandroidです。

続きを読む

タブレット

多機能携帯端末タブレットの出荷台数が前年度よりも8パーセント以上落ち込んでいるようですね。とくに企業向けがマイナス25パーセントだとか。6、7インチのスマホが登場するようになった事などが原因としてあげられています。そうでしょうね、タブレットもスマホも機能的には変わりませんから。

今日、久しぶりに山手線に乗りましたが、多くの人がスマホをのぞき込んでいる中で、中年?のお二人が、何をしておられるのか分かりませんでしたが、10インチタブレットを使っておられました。かく言うわたしも、Huaweiの7インチタブレットをいじっていたのでした。

しかし、この投稿は10インチのアンドロイドタブレットでキーボードから打っています。7インチタブレットよりもずっとストレスが少ないです。マウスも使えるので、ノートパソコン代わりという感じでしょうか。文章打ち込み中心であれば、安くて軽快なAndroidタブレットで十分です。

弁天島の山本亭

すすめられて初めて行ってきました。海老の天ぷらがおいしかった。お刺身と牡蛎フライも良かった。きっと他のメニューもいけるに違いありません。

お店の雰囲気は落ち着いた感じで、必要十分な良き対応でした。また、行きます。きっと、来週の月曜お昼なると思います。

日記の代わりになっている

ブログを書き始めた理由の一つは日記の代わりにということでした。

さっき、このブログを何気なくくくってみたら、なるほど日記の代わりになっていました。いろいろと思い出してきて、ついつい時間を忘れてしまったのでした。

ちなみに、昨日は夕食後、椅子に座ったまま寝てしまい、気がついたら1時30分。目が覚めてPCを立ち上げ、ふとブログを読み始めてしまったのでした。

ちなみに、この投稿は、初めてのことなのですが、Huaweiの7インチタブレットで打ち込みました。

Word で初めて週報をつくる

長い間、太郎の時代から一太郎を使ってきましたが、思い切って Word に切り替えることを決断しました。理由は、Windows でも Mac,iPad や androidでも閲覧・編集が可能だからです。

デスクトップPCの時代からノートPC、タブレット、スマホへと時代が移ってきました。利便性、経済性を考えると Word という結論になりました。

で、今日、初めて週報を word で作りました。慣れないソフトでしたが、使ってみると、なるほどこうすれば良いのか、と分かってきますね。

一太郎はもういらないというわけではありません。貴重な機能が備わっていますので、併用ということになります。

ヘブライ語文字入力

生まれて初めて、PC(windows)でキーボードからヘブライ語文字を入力しました。ちゃんと右から左に向かって表示してくれました。ただし、母音の打ち方が分かりません。打てないのでしょうか・・・

ちなみに、最初に打った言葉は הלך ハーラフ「歩く、行く」です。アブラムがアブラハムに、サライがサラにと名前が変わったことについて説明するためでした。二人とも ה (へー)の文字が加わったのでした。創世記17章ですね。

(ちなみに、Mac はやはり良いですね。これはMacで打った הָלַךְ です。)

鼻だより

私の祖先はあるときから金沢に住むようになりました。名字の一文字は尾張に由来するようです。寺は日蓮宗、家は現在も本籍として残っているのですが、現在の日本基督教団金沢教会の向かいにありました。

祖父は、若いとき(日露戦争直後です)にキリスト者となり献身、伝道者となりました。私の母はその独りっ子として育ちました。

さて、鼻の話です。実は、室生犀星と我が家はほんの少し関係があるのです。詩人・小説家である犀星の出生に関わるのが小畠家ですが、祖祖母の母はそこから嫁にきたのだそうです。母曰く、わたしの大きな鼻は犀星の鼻と同じでしょ、と。少し、母のほうがスマートに見えますが、確かに大きくて、似ています。

最近、犀星の小説を読み始めていますが、悲哀が作品の彫りを深いものにしています。その悲しみを犀星に負わせることになった家の血筋を、私がひいていると思うと、鼻の話は複雑な思いになります。

菜の花祭り

渥美半島にはじめて行きました。浜松から車で2時間強ですね。たまたま菜の花祭りが行われていました。

d8s_4935

メロンやイチゴの産地らしく、季節には賑わいそうです。また、渥美半島は伊勢・志摩の対岸に位置しており伊勢湾を囲んでいるところなので、魚介類も豊富のようです。ときどき、行ってみようという気になりました。

デジタルカメラの曲がり角?

愛用のニコン株が暴落したというニュースを見ました。会社の構造改革のために1000人規模の早期退職者を募集したところ、それを超える応募者が出たそうです。また、デジタルカメラの売り上げが昨年同期に比べて、一眼レフで20パーセント減、デジカメにいたっては60パーセント減だそうです。収益が当然減っているようです。

20年以上前になりますが、銀塩カメラからデジタルカメラに移行する時、大掛かりなリストラが行われたのを覚えています。従業員の方々が新宿西口の量販店近くでデモをしていました。

デジタルカメラが行き渡っていった右肩上がりの時代は終わりましたね。スマホで綺麗な写真が撮れて、ネットに繋がるわけですから、もうコンデジの出番はありません。一眼レフデジカメも頭打ちですね。ほぼ性能的には行き着くところにたどり着いているようですから、次々に買い換える時代は過ぎました。また、ニコ爺と呼ばれるような世代も高齢化が進み、市場が縮小されつつあるのかなと思います。

続きを読む

伝道者トランプ大統領

トランプ大統領が好きか嫌いかは別として、この人の言動を理解するためには、彼が一つの宗教の伝道者であるということを知る必要があるように思われます。

その宗教とは、自助の精神を基礎とする宗教です。つまり、「神は。自ら助ける者を助ける」です。これは、スマイルズの名とともに知られていますが、トランプ氏にとっては処世術以上のもので宗教です。この宗教が体現される国こそアメリカであり、その担い手がアメリカ人です。そして、そこには肌の色による区別・差別はありません。同じ赤い血が流れているとトランプ氏は言いました。

続きを読む

フェイクと事実のはざま・・

ネット上でのフェイク問題が話題となる昨今ですが、いろいろなフェイクがありますね。

先日、価格.comの口コミに、思い込みから、実際とは違うことを書き込んでしまいました。指摘してくださる方がおられ、すぐに訂正できました。

思い込みによる誤報は、ネットだけではなくてテレビでもしょっちゅうですね。今日の羽鳥慎一さんの番組でも、コメンテーターの男性が、番組終了間際に、旧国立競技場がまるで1964年の東京オリンピックのために造られたかのように言って、60年後も使用できるようにレジェントが考えられなかったのでしょうかねと発言しておられました。事実は、もっと前からあったものを利用して、観客席を増やし聖火台を設置するために、おもにスタンドを大きく増築したのでした。その旧国立競技場はつい昨年まで使われていたのですから、立派なレジェントでした。

意外と?口数の多い私も、気をつけねばなりません。つい先日も、「あの人、痩せたね」と言ったら、「いや、太って○○kgなのよ」と訂正されました。いけません、私が適当なことを言わなければ、余計な事実?が公になることは無かったのです。

読書会で、意外と良いなと思ったこと

先日、同僚の牧師たちとの勉強会で、その日、取り上げるテキストを忘れてしまい、順番に読み進むのですが、パスさせてもらいました。参加者がテキストを読んでくださるのを聞いていました。

目をつぶって、じっと聞くだけ。けっこう集中できて、これは良いな、と思ったのでした。