政治的宗教

昨年の夏以来、旧統一協会の問題が再びクローズアップされている。

その宗教活動の反社会性や信者の家庭で起こっている悲劇的な事態がクローズアップされている。

そして、政治家が広く絡んでおり、広告塔に利用されるだけではなく、政策に影響を与えていないのか、という懸念も出ている。

しかし、その宗教の輪郭については、体系的には語られることはほとんどない。

おそらく、宗教活動を隠れ蓑に、集金活動をしいている団体だと見切られているからかも知れない。

あるいは、反社会的な活動の諸現象は問われなければならないが、宗教そのものの良し悪しは問うことはできないということなのかも知れない。

加えて、日本人の一般的宗教感(信じる対象を問わない曖昧さ)に由来するのかもしれない。

それでも、断片的に聞こえてくることから類推して、特徴を描き出すことはできるであろう。

特徴1、

ユダヤ・キリスト教的な装いを持つ。文氏はメシアであり、メシアニック団体の自覚を持って宗教活動を営んでいる。

特徴2、

その目標は現世における神の国(文王国)の実現である。その点で、いたって政治的と言える。

特徴3

統一という名称が示しているように、目標である神の国は、諸宗教の統一、政治的・文化的統一を指している。

特徴4

その統一はメシアニック団体によって実現される。そして、それに反対する勢力をサタンと呼び、憎しみの対象であり駆逐する対象とされる。

特徴5

特徴4

続く

Noteへの投稿200

一昨年の夏前に始めたNoteへの投稿、今日投稿数が200に達した。

ツィッターにこんな呟き。

http://twitter.com/makotoharita/status/1613366180630364162

ついでにFacebookにも。

https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=pfbid0rMNQ9bQ5ASSjyAsL4UMZM4og4xopcHe9EjaaQ5FrBpCYTe4jLMWgC7J9t5bR2WNgl&id=100001864864679

恥ずかしくないんかい、と言わないで下さい。

暇を過ごす

今日は急に暇になったので、身体を休めた。

ぼーっと、しばらくしたら360度動画撮影に挑戦してみようかな、と考えた。

家の外では課題があるけれども、杖なしで歩くことが前提になる。今年のリハビリの最初の目標かな。

接ぎ木の譬

説教の準備をしながら、なぜロマ書11章で、接ぎ木が譬えとして用いられているのか、良く考えてみなければならない、と思った。

接ぎ木によって一本のオリーブの木を育てている人の話しなのに、切り取られた、あるいは接木された枝にまず関心が集中してしまう。

そんな自分に気がづいた。ミスリーディングに繋がる。

ここでも主語は神なのだ。

ウサギ

牧師は干支に触れないのが一般的かと思いますが、お許しください。

聖書の中にウサギは2度登場します。レビ記と申命記です。どちらも食べてはならない汚れた生き物のリスト(食物規定)に属しています。
レビ記11章6節に「野兎も反すうするが、ひづめが分かれていないから、汚れたものである。」とあり、申命記14章7節には「ただし、反すうするだけか、あるいは、ひづめが分かれただけの動物は食べてはならない。らくだ、野兎、岩狸。これらは反すうするが、ひづめが分かれていないから汚れたものである。」とあります。
英語の聖書ではhareが普通ですがrabbitと翻訳するものもあります。
私たちにとってはウサギは復活祭と結びついています。「復活のイエス・キリストを最初に墓の中で目撃したのがさはうさぎだった」という伝説に由来するそうです。そんな伝説があるんですね。
旧約聖書で食べてはいけない汚れた動物として紹介されていたうさぎが、復活祭の象徴となっていることについて、ある人が「何か福音的な意味を感じさせる」と言っています。

今年もよろしくお願いいたします。

爺婆神学会立ち上げ準備中

リタイア後の楽しみとして爺婆神学会を立ち上げる予定です。

「神学会」とは「神によって学ばされる学びの会」という意味です。ここでしか通用しないネーミングです。あしからず。

内容はこれから詰めていきますが、今は場所作りをしています。

ブログサイト、Notionページ、フリーポード、FaceTimeが交流の場となります。

準備中、というお知らせでした。

クリスマス・プレゼントは何ですか?

神の独り子、馬小屋の飼い葉桶に眠る幼子です。

4本目のローソクは「愛」

「神は、その独り子をお与えになったほどに、世を愛された。独り子を信じる者が一人も滅びないで、永遠の命を得るためである。」
‭‭ ヨハネによる福音書‬ ‭3‬:‭16‬ 新共同訳

メリー・クリスマス!‬

クリスマス・イブのための準備

今日は24日の礼拝のためにプログラム作成をしました。

苦労しました。手順を忘れてしまっていました。困ったものです。それでも何とかなりました。

それから、Noteへの投稿記事を。68週連続投稿だそうです。我ながら良く続いていると思います。

転居の準備

来春、隠退に伴い転居します。

転居先が決まり、契約の最終段階を迎えています。今日は契約に伴う様々な約束事についての説明を聞きました。

分かったたもりになっています。さて、どんなものやら。

限界を迎えたかも

愛用の9.7インチiPadProの話しです。

ストレージが32GBなのですが、不具合が頻繁に起こるようになりました。

2016年発売なので7年前の製品です。最新のiPadに比べるとおっとりしていますが、私の使い方では支障はなかったのでした。

しかし、最新のOSにアップデートしたところ難しくなってしまったのでした。ストレージが小さいことが原因なのではないかと思います。

待降節3本目のローソクは「喜び」

クリスマスの夜、天使が野の羊飼いたちに、「恐れるな。わたしは、民全体に与えられる大きな喜びを告げる。 今日ダビデの町で、あなたがたのために救い主がお生まれになった。この方こそ主メシアである。 」と告げました。

羊飼いたちに大きな喜びが告げ知らされたので羊飼いたちのローソクとも呼ばれます。キリストは救いの喜びを携えて来てくださいました。

喜びはギリシャ語でカーラχαραです。カリスχαρις (恩寵、恵み、魂の救い)から来ています。

待降節2本目のローソクは「平和」

12月に入りました。教会の暦では、すでに11月27日から待降節に入り新年を迎えています。

待降節には日曜日ごとに一本ずつ、4本のローソクに火が灯されます。それぞれに意味があり、

第一のローソクは「希望」.今日の第二のローソクは「平和」です。神が救い主を通して人間に備え与えてくださった恵を表しています。

ヘブル語でシャローム、ギリシャ語でエイレネー、平和、平安、安心、調和、完全などの意味があります。

聖書物語集をSwayで

今後の私の活動を構想中です。

隠退牧師として、聖書が広く読まれるようになることを願って、Swayを使った聖書物語り集を作り、ネット上に公開したいと思っています。

全体のテーマは「イエスの農園と僕たち」を考えています。譬え話を多く取り上げる予定です。

副題は『待ち望む教会と社会』です。

さて、どうなることでしょうか。

もう一つ別なテーマも、用意しています。自分自身の 老いに関係するのですが、「メメント・モリ -キリストにある死生観- 」です。関連する聖書の言葉を紹介しつつビジュアルな作品を作りたいと思っています。

スペインに勝利!!

2点目アシスト、VAR写真だそうです。

際どいけれどもボールは出ていない。VARでスッキリですね。

それにしても、寝不足気味ですよ。いつまで続くのでしょうか。

ショートステイでNoteに記事を2つ

時々お世話になっている老人施設を2泊三日で今週も利用させていただいた。

暇なので、iPadを持参して気ままに過ごす。

今回はNoteに記事を2つ書いて投稿した。一つは本の紹介。高橋洋之著「iPadがあなたの生活をより豊かにする」。

もう一つはちょっと早いけれども、今年のiPadライフを振り返って「iPad.私の2022年」。

いずれもiPadネタ。

残念

コスタリカ戦、残念でした。5バックの守りを突破できませんでした。スペインのように、ボールコントロールが巧みで、ドリブルやパスで狭い間を抜く技術を皆が持たないと新しい景色を見ることは難しいのかもしれません。

スペイン戦頑張って欲しいです。応援しましょう。

勝ちましたね

一昨日のドイツ戦、予想に反して勝ちました。万が一と言うと失礼でしょうか。失礼ですね。

興奮して、しばらく眠れませんでした。昨日は寝不足の一日て、フラフラしていました。

観ないと、なあ 日本vsドイツ

サッカー・ワールドカップが始まって寝不足気味だけど、今夜は日本vsドイツ。観ないわけにはいかない、その理由は、、、

万が一にも勝てない相手に万が一勝ってしまうこともあり得るかもしれない。その万が一を見逃すわけにはいから観るのです。

1時間半後ですね。

美しい足

今日の主題です。

ローマの信徒への手紙10章15節がテキストです。

「遣わされないで、どうして宣べ伝えることができよう。「良い知らせを伝える者の足は、なんと美しいことか」と書いてあるとおりです。」
‭‭

美脚のことではなく、良い知らせを伝える者の足です。傷つき土まみれの足。その足の美しさについてです。

美しいは聖書のギリシャ語では ὡραῖοι です。辞書にはこう説明されています。

5611 hōraíos (from 5610 /hṓra, “an hour, the time of fulfillment”) – properly, a particular hour (a “season” of time); (figuratively) beautiful in timing, hence fruitfulbecause fully developed (prepared, as in Ro 10:15).

今日は終末主日、収穫感謝主日です。

引越し先を探している最中です

来年の3月に引越する予定です。仕事をリタイアします。

マンションが良いです。私は左片麻痺なので生活空間がフラットなのが良いのです。

websiteで探せますね。いろいろ考えてながらのことなので、つかれました。4,5件目星をつけて不動産屋に連絡しようかなと思ったいます。

慌てる必要はなさそうです、そういう時代なんですね。

フリック入力をマスターしました。

しばらく前から取り組んでいたのですか、iPadやiPhoneでの文字入力がフリックに完全移行です ^_^

30年以上物理キーボードに慣れ親しんできたので脳と指がキーボード仕様になっていました。

5年半前に脳出血を患って左半身が麻痺した時、両手でのブラインドタッチが不可能になり途方に暮れたのを思い出します。

それでも、iPadの液晶キーボードで打てるようにと取り組み、そこそこ速く打てるようになってはいました。

しかし、液晶画面を液晶キーボードが大きく占めてしまうのと、小さいサイズの機種だと打ちにくく、不便を感じてきました。

ある人に勧められて、この歳でのフリック挑戦でした。挫折しかけることもありましたが、ここにきてすっかり馴染みました。思ったより速く打てますね。

スマホで論文を書き上げる大学生もいると聞きますが、十分いけるでしょうね。そう思えるようになっています。嬉しい。

mutuality

相互関係、相関といつ意味ですね。大きな辞書には、心の通い合い、共感という意味もあると示されています。

形容詞 mutual の名詞形です。友情に基いた相互の関係性ということでしょうか。

教会は mutual な交わりです。信仰によって、キリストによって生み出される共同体communityです。

十字架のキリストを深く思い、シンクロナイズされた者たちの交わりです。

今日の説教のテーマです。

iPadはフリック入力

PCからiPadへ完全移行中です。

iPadではフリックで文字入力するつもりです。今、フリックで完璧に打てるようにと練習中です。

フリックで入力する理由は最近のiPadOS16に搭載されたStageManagerという機能をフルに活用するためです。

物理キーボードを使いたくないので、オンキーボードの液晶画面に占めるスペースを最小限に収める必要があります。

だいぶ慣れてきました。この調子で打ち続ければ、無意識に指が動くようになるでしょう。

長文もストレスなく打てるでしょう、楽しみです。

ただし外部ディスプレイと繋ぐ場合には物理キーボードが必要です。その時にはどうなるのか、まだ未定です。

2022W杯 侍ブルー26名発表

今日、メンバーの発表がありました。

意外だったのは、森安監督がGK3名の他はポジションごとにではなく、フィールドプレイヤーとして23名の名前を順不同であげたことでした。

何故だろう、もしかしたら、チームのフォーメーションとポジションを流動的に考えているのかも知れませんね。

選ばれた26名が紹介されている日刊スポーツのURLを貼っておきます。

https://www.nikkansports.com/soccer/japan/member/jp-member01.html