好きな聖書の言葉は

と、質問されると、実は困ってしまう。好き嫌いで聖書の言葉に接することに対して、どこか否定的になっているのだろう。

先日、青年会の修養会でその質問が。で、なんと答えたかと言うと、「自分を捨て、自分の十字架を背負ってわたしに従ってきなさい」とのイエス様の言葉。振り返ってみると、若い頃から、幾度となくこの言葉が、折々に、心の耳に入ってきた。

先週、青山学院大学の相模原キャンパスでの礼拝でこの言葉の意味をお話しすることができた。鶏が鳴く前に三度主を知らないと否んだペドロの物語と、ゴルゴタまで主に代わって十字架を背負うことになったクレネ人シモンの話と共にお話した。

その日の礼拝への招きの言葉は「重荷を負うて苦労している者はわたしのもとに来なさい。休ませてあげよう。」との主のお言葉であった。ピッタリと合致した。

コーヒーと紅茶

珈琲とティー、とした方がよいのだろうか、分からないが、どちらかというと紅茶派と自覚しているのであるが、なぜかコーヒーを飲むことのほうが多い。

夏前からキューリングを愛用している。UCC珈琲をK-Cupというコーヒーカップ一杯分用に取り分けてある密閉容器との組み合わせで、一分足らずで本格的なコーヒーを味わえるというものである。

コーヒーの種類もたくさんあって、手軽で良い。一日に2杯ほど飲んでいる。だからといってコーヒー好きというわけではない。

紅茶だが,それほど頻繁にではないが、喫茶店に入るとたいがいケーキとセットで注文する。ミルクかレモンかはその日の気分による。その時、紅茶はやっぱり美味しいなと思う。

iPadをドコモsimで使う

simフリーのiPadを手に入れた。台湾で購入。海外で購入すればiPadもsimフリー。

日本では携帯電話会社の縛りがあり、iPhoneも同じことだが、ドコモではiPadは発売されていない。何とかならないものかと思う。

それでsimフリーの使い心地であるが・・・・やっぱり、良い。

久しぶりにカメラのこと

ニコンでは35mmサイズのデジタル一眼レフカメラをFX機と呼んでいる。一般に言うフルサイズのことである。それから、もう少しセンサーサイズが小さいAPS、ニコンではDX機と呼ぶ。レンズ焦点距離が1.5倍になる、多くの人が馴染んできた規格カメラである。

最近はFX機にも人気が集まってきており、直近のヨドバシカメラ販売台数統計によるとD600、D800というFX2機種が上位を占めたと聞く。D800などは3600万画素というトテツモナイ高画素機ながら、一般の写真愛好家にも手の届く価格になっている。。

他方、FX、DXとは違うミラーレス機(とその類似機種)が開発され、ニコンからは1シリーズとして販売されている。一眼レフのようにレンズ交換ができる小型で軽量なカメラである。レンズ焦点距離が2.7倍となる。そのセンサーが1インチセンサーなので1シリーズとよばれる。J1、V1、J2に加えて、最近、V2というカメラが新発売となった。

私は、現在、FX機と1シリーズ機を所有している。
10年前にD100というDX機から始まった一眼レフデジ・ライフであったが、今はDXから離れている。良いカメラが発売されているが、私にとって現状では中途半端で、固有のレンズも必要になるので経済的にもきついという理由である。

さてさて、最近発売となったV2は面白い。一眼レフカメラのミニュチュアという感じのデザインで物議を醸している。しかし、あの長く親しまれている一眼レフのデザインは、人間工学的にも良いのだろうか、非常に扱い易い。
小さなカメラはおしゃれなデザインだが、写真を撮るという点からいうとストレスを感じることが少なくなかったが、V2は一変している。

野球でいうとそこそこ上手なタレントさんから、巨人の松本選手のようにスピード感のある使い易いものになったと言えよう。

変化していたこと

バイクが少なくなっている。MRTの路線が増えている(はず)。士林夜市がリニューアルしている。淡水では川沿いの整備が進んでいる。電気街が低調気味に。ある業界への取り締まりが緩和している。松山空港の国際線がにぎやかになっている(羽田と同様)。中華電信sim購入に際して身分証明はパスポートだけとなっている。
友人の台湾人牧師は物価が上がり、賃金が抑えられ、教会の献金が少なくなっている、と教えてくれた。
変化の深層はいかに?

あらためて分かったこと

台北駅近くのコーヒーショップに入った。昼の12時過ぎ、お年寄りでいっぱい。しかも、70,80歳前後の男性。グループで来ている。
メガネをかけている人が殆どいない。 目が良いのだろう、小さな文字で書かれているペーパーを回し読みしながら、盛んに議論をしているグループも。議論というより、会話を楽しんでいるという感じだ。実に良くしゃべりなさる。しかも大きな声で、休む間なく。
あらためてわかったこと。台湾のお年寄りは目が良い。男性はおしゃべりだ、ということ。
それにしても、おばあさんたちは何をなさっているのだろう?

ソウルでの宣教委員会

10月1~3日、日本基督教団宣教委員会は「グローバル化と宣教」をテーマに、韓国ソウルで委員会を開催しました。

韓国の教会は世界各地に2万人の宣教師を派遣しており、昨年アメリカ合衆国を越えて世界第一の宣教師派遣国となったようです。

宣教委員会はセムナン教会でイ・スヨン牧師より、宣教師を派遣している7ヶ国での働きにすいてお話しをうかがい、長老会神学大学院では宣教学の韓国一教授より「グローバル化の時代における宣教」というテーマでお話しを伺い、協議をすることができました。

ナグネ(大山和至)宣教師が今年から長老会神学大学院に奉職しておられ、韓国の中心的な教会や神学大学との交流が生まれていることは感謝です。

なお、ナグネ宣教師を支えるために後援会ができています。

http://dendonet.info/nagunekai/