伝えるために

Microsoftが提供してくださっているSwayは、私の仕事に、また趣味にとって、一つの可能性を開いてくれました。

テキスト、画像、動画などを織り込んでストーリーを作ることができます。インターネット上で作業をし、また、表示することができます。pc、タブレット、スマホとそれぞれに適した形で表示されますから、ただ作れば良いということになります。作ったものはネット上(Microsoftのクラウド)に保存されるので、それも便利です。

趣味についてはここでは触れませんが、仕事に関しては、教育教材、伝道ツールを今までよりも簡単に、しかも、ビジュアルに作ることができます。まだ実現していませんがSwayの良いところは、ネット上で複数の方々と共同制作ができるということです。これができれば、非常にすぐれた教材やツールの制作が可能となります。

それから、説教などは今まで文字で表示するだけでしたが、特別な技術を必要とせずに、ビジュアルにご紹介することができます。息のつまるようなびっしりと文字が並ぶのではなく、ゆったりとした感じで説教を読んでいただくことができます。

そのようなわけで、私にとって一つの可能性を開いてくれたのでした。

試しに、説教全文ではありませんが、聖書テキストを物語る部分を取り出してSwayで表示してみました。

 

 

祖父と私

祖父は初代のキリスト者で、伝道者でした。私は3代目のキリスト者で、同じく伝道者です。

祖父は金沢の武士の家系に育ち、日露戦争直後にキリスト者となりました。祈るとき、数珠を手にしているかのように両手を合わせて祈っていました。日蓮宗ですが、幼いときから身についたことだったのでしょう。堅物で、頑固、一筋の歩みを貫く人でした。私はぐうたらで、優柔不断、寄り道するタイプです。3代でなんとか・・・という代表的な例と言えましょう。

その祖父は戦中のこと、北海道札幌におり、父親を戦場へと駆り出された子どもたちのために保育所を始めました。札幌で最初の保育所でした。決して保守的な人ではないのでしょう。教団合同時、札幌北一条教会の小野寺林蔵牧師が教区長を務めましたが、祖父は書記として仕え、教区内を奔走しました。(私の母は、若い伝道者としてその当時の小野村林蔵牧師に接していますが、伝道者として一番尊敬していると語っていました。)

祖父には一つの逸話があります。電話が一般に普及し始めた頃のことです。誰かが教会にも電話を入れたらどうですかと奨めてくださった時です。「教会に電話は必要ありません。歩いて訪ねて行くべきです。」と言ってせっかくの奨めを断固として断ったのでした。

今、祖父が生きており、私の歳であれば、きっと「パソコンとインターネットを拒否していることでしょう。」私はというと、30代の時、30数年前ですが、パソコンを使い始め、インターネットの世界にどっぷりとつかり、できることなら活用したいと、一生懸命?考えています。

人間としての重さはとうてい及びません。堅物、頑固、一筋の歩み、その尊さを理解し憧れながらも、私は祖父のように歩むことができません。体重は私のほうが遙かに重いのですが。

その祖父が、召される数年前、愛用していた楽器を私に譲ってくれました。私は小学生でしたが、その私に1時間ほどその楽器の由来をとうとうと話してくれてから、おもむろに譲ってくれたのでした。捨てるわけにはいきません。今も持っています。祖父の形見です。

その祖父は、実は、54年前、浜松で召されました。

キリシタン洞窟礼拝堂

大分県竹田市にギリシタン洞窟礼拝堂があります。キリシタン禁教令、バテレン追放令などで、ヨーロッパから来ていた宣教師たちが日本から退去させられました。200年にも及ぶ潜伏キリシタンの時代を迎えます。

洞窟礼拝堂は、その時代に追放から逃れて密かに竹田市に残ったバテレンが住居と礼拝の場所としたところです。竹田にはキリシタンだった家老、古田重治がおり、弾圧時代にキリシタンを隠匿しました。一人日本に残ったバテレンもその一人です。

洞窟礼拝堂は古田重治邸の近くにあります。バテレンはたったひとりで、いったい何をしていたのでしょうか。ミサをあげていたのでした。それが、バテレンのなすべき使命だったからです。その使命に生き、死にました。意味深いことであったと思います。

ちなみに、弾圧時代に隠れてカトリックの信仰を持ち続けた人たちを潜伏キリシタンと呼びます。隠れキリシタンという言い方が一般的に使われますが、正確には潜伏キリシタンです。隠れキリシタンとは、禁教令が解かれたときにカトリック教会に復帰せず、弾圧時代に独特な形態をとるようになった独自の信仰を維持することを選びとった人たちのことを指します。長崎などでは厳格に使い分けられていますね。

Swayを活用しよう

Microsoft社からSwayというサービスが提供されています。

Web上で、ブログの用語で言えば1枚のページに、文章や写真や動画などの様々なデータを貼り付けてよりビジュアルなストーリーを表示することを可能にしているツールです。

しかも、出来上がったものは自分のPCに保存するのではなくて、クラウド上にSwayのためにMicrosoft社が提供してくれているスペースに保存されます。(容量の心配はありません)

そこからFacebookやTwitterなどのSNSへ、また、自分のホームページなどに転送(共有)できるので、そこでも表示することができます。

ホームページに表示するには、ほんの一手間かかりますが、SNSにはボタン一つで表示可能です。

これは、有り難いツールだと思います。教育用の教材を今まではパワーポイントを使って作ってきました。それはそれで便利なのですが、作るのに多少手間がかかります。Swayは非常に簡単です。旅行の思い出や、ある日の記録など、小さなストーリーを作成することができます。教会のことでは教会学校用の聖書物語、教会の歴史や、画像を織り込んだ伝道メッセージなどなど、ビジュアルなものを作ることができるのです。

先に申しましたようにSNSやホームページで共有されたものも、PC、タブレット、スマホでそれぞれ適切に表示されます。これを活用しない手はないと思います。

なお、使い方などの紹介を下記でご覧になれます。マイクロソフト社Sway提供です。