Twitterの利用法

Twitterを毛嫌いする人がいる。つまらないツィートが氾濫していると感じているのだと思う。

確かにうんざりするようなツィートに出会う。政治的デマゴグ、悪口やつまらない言い争い、フェイク等々。

不快と感じる情報には3つのパターンがあるように思われます

1 荒らし

執拗に人の感情を害したり、攻撃したりして、場を荒らします。チャットや掲示板やTwitterで見かけます。

2 煽り

根拠のない風評を流して扇動しようとする投稿です。政治に絡むことが多いです。Twitterに多く見られます。

3 釣り

巧みな言い回しや人目を引くタイトルなどを駆使して関心を惹き、誘導します。商品の宣伝や販売勧誘に使われます。Facebookにも散見されます。

そんなツィートばかりだと感じているとしたら、その人は利用法を知らないだけなのだと思います。

荒らしや煽りや釣りを見極めて、自分に必要な良い情報を選択できるようになることが大事です。Twitterには良質な情報も溢れるほど流れています。

良い情報源を見つけるには検索機能を上手に活用します。自分の関心事を検索すると、関連するツィートに出会います。流れているたくさんのツィートの中からこれは良いと思うツィートをしている人をフォローします。自分も良い情報を流します。そのようにして、次々とフォローしていくと、良い情報発信者の輪が広がり、良いツィートが自然と集まってきます。つまらないツィートを繰り返す人に対しては遠慮無くブロックして関係を遮断します。

Twitterの良いところはツィートを介して広く緩やかなさまざまな関係を築くことができるということです。その良さを知って、Twitterの中で良い関係を多くの人と結びましょう。

最近私は自分のリハビリ状況をツィートし始めましたが、同じような障害を抱えながら努力している方々を知るようになり、その方々のツィートを楽しんでいます。

また、サッカーの久保健英選手の動向を知りたいと思って検索すると、所属クラブから発信される動画やニュースに接することができます。外国語による発信ですが、google翻訳機能が付いているので大筋は分かります。

もちろん自分の仕事に関連して世界中の教会の情報も入ってきます。

Twitterは使い方次第です。

そうすると

live配信動画で

元気なころカメラを持ってよく出かけて行った場所の一つに黒部立山アルペンルートがある。もう行けないという無念な思いはあるが、live配信動画をネットで見つけて楽しんでいる。

見ていると記憶がよみがえってくる。記憶を辿る旅もなかなか良いものだ。

息子夫婦がイタリア旅行をする。かつて私も行った場所を訪ねるようなのだが、動画を送ってくれないかな。

一念発起

自分の病気のことやリハビリ状況などTwitterでツィートすることはなかったが、リハビリの機微をツィートすることにしました。

自分の不自由なく体とリハビリについて自分で考えながらいろいろと取り組んでいると同病の方々の話を聞きたいという思いになります。そしてTwitterでツィートに出会って読ませていただいています。

もちろん、同じ片麻痺といっても人それぞれにコンディションが違いますから、理解できないことばかりなのですが、それでも何かヒントをいただきます。

そんなことで、読ませていただくだけではなく、自分も発信すべきだ、という思いに至りました。ささやかな2年ほどのリハビリ経験ですし、自分のことが自分で分かっているわけでもないのですが、それでもリハビリの機微を自分なりに発信するのも意味があるのではないかと思うのです。

はたして、どうなることでしょうか。

カール・レーフナー

を名乗るツィートがTwitter上で話題になっています。深井智昭氏が著書「ヴァイマールの聖なる政治精神」(岩波書店、絶版廃版)において捏造されたとされた神学者の名前です。

引用されているレーフラーなる神学者の著書は存在しないのでしょう。それを捏造と言えば捏造ですが、創作とも言えます。

深井氏は存在しない、つまり何の権威も持っていない人物と著書を創作して自書の中に織り込み、その創作物が妙に説得力があったというわけです。近代神学を代表するリッチェルやバルトをニーチェの言説から批判し論じています。それは深井氏の分析であると言えましょう。

事はヴァイマール時代の政治精神と神学との関わりを論じるもので、近代を解く鍵が神学にあるという主張であり、その論述です。その点を見逃してはなりません。

架空のレーフラーとその著作を創作しなくても、堂々と論じれば良かったのに、と思いますが、なぜそうしなかったのか、その答えを深井氏から聞きたいと思いますが、彼のヴァイマールについての評価を必ずしも下げるものではないと思います。

Twitterにカール・レーフラーだけでなくリッチェルやバルトやトレルチも現れてもらって(物足りないないのですがニーチェはすでに存在しています)、思う存分語り合ってもらいたいものだと思います。

頑張れ!神学者。

明日から浜松祭り

恒例の浜松祭り(3ー5日)です。宗教色の薄い「おまつり」です。町内ごとに屋台が繰り出して市の中心部を練り歩きます。ピストンのないラッパを吹きながら練り歩くのが特徴です。おおぜいの人々が見に集まってきます。賑やかな三日間です。

この時期、浜松を脱出する市民もいます。地の中心地に住む人たちは大変なことでしょう。

酒好きの人は町内の集会所で楽しく酒を交わすようです。それぞれの町のハッピを着た男女が行き来しますが、女性の髪はキリッとした祭り仕様でイキでなかなかのものです。

平成の通信簿

東京にいた時、著者にはいろいろお世話になりました。

たくさんのデータを通して、この30年の日本社会の変化を描き出してくれています。今、現在の日本社会をより正確に認識するために役立つ一冊です。

iPad雑感

2019年3月にapple社からiPadminiとiPadAirという新しい位置付けの2機種が発売になりました。これでiPadはこの2機種と昨年発売されたiPad9.8インチ,iPadPro11インチ、iPadPro12.9インチの3機種を合わせて製品ラインナップが5となっています。低価格帯に1機種が、中間価格帯に2機種、高価格帯に2機種がと分類して良いかと思います。液晶の大きさでいうと、7. 9インチから12.9インチまでです。

いずれも専用のapple pencilが使えます。もちろん使い勝手は多少落ちますが、いずれもスタイラスペンも利用できます。また、osも最新のios12.2がのります。ですから機能的には同じといえましょう。

各機種を触ってみましたが、高価格帯の2機種は他の3機種に比べて流石にスピードが早く、液晶が綺麗なのと作りが良く、またスピーカーが4つ備えられて音も優れています。

難点は価格が高いのと、クラウドに結ばれている一部アプリで、処理スピードが早すぎるからなのでしょう、クラッシュを起こすことがあるということです。アプリの改善が求められます。それから、私のような老人で障害を抱えている人間には、それほどのスピードは必要ないのと、かえって早すぎて目がまわるということでしょうか。

わたしにはiPadAirとiPadminiが使いやすいと感じました。

それにしても、iPadのここ数年の進化は目を見張るものがあります。有り難いです。一枚の板であること、軽量で起動が早く、本体に備わる諸機能が気が利いていて簡単で使い勝手の良いアプリが豊富にあることと相まって、人それぞれに対応可能で有用なタブレットだと感じます。

ことに高齢者におススメしたいです。

私に資金があるならば、仕事の同僚や交流のある親しい人たちに配って差し上げたいと思うほどです。

以上雑感でした。