新しいブログを作る

自分のブログではなくて、所属しているグループのHPである。機関紙を発行しており、35年になろうとしている。過去のものをPDF化して読めるようにという目論見なのだが、けっこう大変な作業である。Wordpress.comを使わせてもらった。やっと2年半分ができた。

明日の説教

マタイ福音書4章の漁師たちを弟子としてお召しになったというところ。
主イエスは漁師たちを弟子として招くために、彼らのところに赴かれた。ペテロたちは、従って行くことで弟子となったのではなく、主イエスが近づき呼び集めてくださったので弟子とされたのである。それは思いがけない出来事だったに違いない。
人を漁るという主イエスの言葉は、旧約聖書の預言者たちの言葉使いとは180度違って、罪人を神の国へと招くという意。これも思いがけないこと。弟子たちはその福音を身に帯びて、招くため遣わされる。エクレシア(呼び集められたものたち)の歩みは、ここにすでに始まっていた。

粗大ゴミ

わたしのことではない。15年前に購入したマッサージ・チェアーだ。

以前はよく使っていたが、最近はすっかり粗大ゴミとなってリビングで邪魔者となってしまっていた。今日、掃除に来て下さる業者さんが処分してくれるた。有り難い。

そういえば、最近、肩がこってマッサージが必要になるということがない。どうしたことだろう。

久しぶりの総武線

総武線に乗ることはめったにない。おそらく、市川方面に用事がないからだろう。
千葉には車で行くし、船橋には東西線を使う。
今日は市川に行く。正確には本八幡。
行き方はいろいろあるが乗り換えの少ない総武線に決めた。

D80はまだ6年前のカメラ

とおの昔のカメラ、ではない。発売からまだ6年。2006年9月。
同じクラスのニコン機は2008年にD90、2010年にD7000が発売されている。進歩は大変なもので、わたしの体重増加率など比べものにならない。
高感度撮影に関してはD80がISO100ー1600とされていたのに対してD7000は100ー6400である。画素数は1000万画素に対して1600万画素。ダイナミックレンジも大幅に向上している。シャッターユニットや、AF精度、ホワイトバランスなども格段に向上している。
それではD80はもう古臭い使い物にならないのかというとそうではない。普通に写真を撮る普通の状況では何の不足もない。撮影素子は今は使われなくなったCCDで、CMOS素子にはない味がある。要は使い方で、今でも十分な能力のあるカメラである。と思う。
わたしの所有するカメラの一つだ。

と書いたが、やっぱり不満が。AFのスピード、ダイナミックレンジだ。けっこう撮影時に神経を使う。それが楽しいと思えることができれば別だが。操作ボタンの反応も遅い、新しいカメラを使い慣れると、その遅さにイライラする。やっぱり6年間の技術の進歩はすごいものがあると思う。

でも、D80は愛すべきカメラだ。

聖書を読む会をお休みに

今週は休会。
朝早くIさんが召されたので、祈るためにご自宅にお訪ねした。
奥さまをはじめご家族の皆様のうえに御慰めを祈ります。

聖書を読む会ではロマ書を取り上げている。FEBCのCDを用いて、それを聴いて話し合い、祈る。
話し合うと言っても、聖書をより深く理解し、思いめぐらすためである。黙想をひろげることによって、聖書が近くなるようにということである。
大人数ではできないが、幸い?それができる人数なのである。